医療器具

自覚症状がない大腸がん|前兆を察知して命を繋ぎ止める

初期症状を知ろう

女性

大腸がんは自覚症状がないことで有名ですが、早期発見すれば他のがんよりも容易に治療することができます。したがって、初期症状を知っておくことは非常に大切なことです。大腸がんの初期症状は次のようなものが代表的なものです。それは、下痢や便秘が続くこと、お腹にしこりが感じられること、血便が出ることなどです。もちろん、これらの症状は大腸がんに特有なものではありません。たとえば、血便であれば痔を持っている人にもあらわれる症状だからです。しかしながら、大きな違いもあります。それは色です。痔の場合は赤い鮮血であることが多いですが、大腸がんの場合は黒っぽい血です。もし便に黒っぽい血が混じっている時は検査を受けることをおすすめします。

抗がん剤による治療は、大腸がんを直接的に消すことができません。あくまでも手術では治療することができないがんに対して補足的に行われる治療方法です。あくまでもがんの進行状況を遅らせることがその役割です。しかしながら、意味がないわけではありません。手術ができない状態だったものが、抗がん剤を投与し続けたことによって、手術が可能になることが多くなっています。化学療法の発展のおかげで、手術可能な程度にまでがんを抑制することができるケースが増えてきたのです。化学療法で使用される薬の種類はいろいろとあり、合併症の有無や進行状況によって異なります。また、薬を使用した効果を見ていきながら薬を選ぶこともします。

早期発見で最小限へ

相談

日本でも、すい臓がんは徐々に増加する傾向を見せています。すい臓がんは初期の段階では自覚症状がないケースが多いので、自覚症状が出てくると手遅れになることになります。早期発見のためには超音波検査やCT検査を定期的に受診する必要があります。完治を図るためには外科的手術が必要です。

詳しくはこちら

放射線療法で軽減

婦人

大腸がんには種類があり、その種類毎に症状が異なります。直腸がんであれば残便感を感じることが多いです。また、検診方法には便に血が含まれているかどうかを調べる便潜血検査が一般的です。検診で大腸がんが発見されると進行状況に応じて治療方法が決定されます。

詳しくはこちら

切除方法とその種類

看護師と患者

乳房は乳管、乳腺、脂肪の3つから構成されています。乳がんは乳管から発生することが多いです。その治療方法は切除方法が最も有名です。部分的に切除するタイプと乳房全てを切り取るタイプの2つがあります。後者を受けた人の場合は乳房再建術を受けることが多いです。

詳しくはこちら